恵那 大岩展望台ツーリング

恵那大岩展望台
岐阜県・恵那の大岩展望台まで走ってきました。
恵那ICから北の山を登った所にある、特に何もない展望台です。

ココです。
恵那ICから20分くらいで行けるはず。
後述しますが、このピンを立てた場所じゃなく、ちっょと北にある「物見岩」が目的地となります。

恵那大岩展望台
前々から気になっててGoogleMapにスターを付けていたのですが、
ストリートビュー見ると、ロードグライドで行くには少し怖そうな場所に見えたので行く気になれなかったのです。
カブで行くのもちょっと遠いし。
スポーツスターを増車したことで、気兼ねなく走りに行く事が出来るようになりました。
超大型ツアラーやフットクラッチのソフテイルと違って、何処にでも突っ込んでいける気軽さはいいね。


そうそう、スポーツスターのタンクを交換しました。
・・・バッタの遺品です。
バッタが貯め込んだお宝の現金化に少しだけ協力しました。
このタンクは使わなくなったとしても永久保存かな。
白シート以外個性の無かったバイクでしたが、これで少しは特徴的なバイクになったな。
黒⇒黄⇒白の色の配置が、煩すぎない程度にアクセントになってくれた。
悪くない。


名古屋から41号を北上し、八百津町を経由して恵那市へ。
418号のバンジージャンプやってる橋を通って行くルートですね。
(写真は昔の)

恵那大岩展望台
ここから林道。トリップメーターを見るとガソリン入れてからここまで50キロ。
まぁ、山道結構クネクネしてる上に大回りしてるが、恵那の市街地までは保つだろ。多分。きっと。知らんけど。

恵那大岩展望台
道中、ちょっときになる物があったので寄り道。

恵那ピラミッド
ピラミッドですね。
この辺りは角ばった三角の岩が幾つが転がっているそうで、GoogleMapにも名前が載っていた。

ココですね。

恵那ピラミッド
自分以外にも3組くらいの見物人が。
いや、マジで何でこんな石がGoogleMapに登録されてて、見物人が来るのか分からん。
この石の何が良いんだ・・・。
何かPower貰えるとか??
写真だけ撮ってさっさと先に進む。

恵那大岩展望台
あれ!?行き止まりだ!!
山道の途中に駐車場があって、そこから山を登って展望台に行く筈だったのに??

恵那大岩展望台
あれ!?展望台じゃんここ!!
バイクで直接来れたの??

恵那大岩展望台
GoogleMapを確認すると、自分が思っている場所とは違う場所にいる事に気付く。
本当は矢印を付けた「大岩展望台」へ行って、そこから山を登って物見岩へ行く予定だったのに、
物見岩の目の前までバイクで来れてしまった。
というか、自分の現在地が道の無い山中にポイントされている。

恵那大岩展望台
あ、そういう事か。
西から東へ走っていたのですが、道なりに走ってると知らない間に地図に無い道に突入してしまうのか。
結果として山登りしずにゴールにバイクを直付けできたのでラッキーでした。
GoogleMapを見ながら来る方は、「大岩展望台」ではなく、「物見岩」を目的地にして走ってきてくださいね。

恵那大岩展望台
山から飛び出した岩の上に立って景色を見れるというのもポイント高い。
岩は若干傾いてて下の地面も遠いので気を付けないと死にます。
景色は・・・名古屋からちょっと走って来れる場所の割には、まぁまぁかな。


金華山のパーキングから飛び出した岩から見える岐阜の街並み景色やよりは上で・・・


池田山よりはちょっとショボくて・・・


尾鷲の便石山の像の背よりは遥かにショボイという感じでした。
(過去の類似ツーリングスポットを纏めてみた)

恵那大岩展望台
さてさて、目的地までバイクで直付け出来たのは良いですがちょっと拍子抜け。
そう、俺はプチ山登りするつもりでココに来てんだよ。
物見岩前の駐車場に「山頂展望台まで400m」という看板があったので、少しだけ山登りしていくことに。

恵那大岩展望台
山頂にはなかなか立派な社が。
なんか鈴と笛の音がして神道的なメロディーが流れ始めたので何事かと思ったら、社の裏で4、5人くらいの人が何かやってた。
何かは分からんかった。何だったんだろう・・・。

恵那大岩展望台
山頂から少し下り、展望台へ向かう。
割れた岩の間を通れる道があった。何か言い伝えでもあるのかな。

恵那大岩展望台
山頂から50mほど山道を歩いたところにAGGRESSIVEな展望台現る。
展望台?
アスレチックじゃなくて??

恵那大岩展望台
ここを登るのか。
攻めてるなぁこの展望台。

恵那大岩展望台
いや見えんし。
これ本当に展望台??

恵那大岩展望台
・・・あ!
これ梯子か!!
これを垂直に登って一段上の場所から景色を見ろって事か!!
年寄にはまぁまぁ酷な展望台だな!!


いや見えんし。
最初の物見岩からの景色だけで十分でした。
400mも歩いてこの展望台に来る価値無し。
特に山頂の神社から展望台までアップダウン激しいのでお勧めしない。

恵那大岩展望台
最後にアッホクッサーいオチが付いた所で撤収。
ガソリン残量を心配しながら走っていましたが、余裕で恵那の街中まで降りれました。
カッコ良さの代償のミニタンク、ツーリングの時にはゃっぱ神経使うなぁ。


行きは41号から来たけど、帰りは19号で撤収。
いつも休憩に使う多治見のファミマ平和町で休んでたら、リジッドショベルに乗ってきた人に「猫好きさんですか?」と聞かれた。
ソフテイル手放してから初めて声掛けられたかもしれん・・・ようわかりましたね。


そのままいつもの散歩コースでもある高蔵寺~多治見の間の庄内川沿いの道を走って帰る。
写真のトンネルは、その道中にある個人的穴場撮影スポット。
今度みんなでカブで写真撮りに行かない?

そんな感じの名古屋から往復160キロくらい?のツーリングでした。
満足。

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。