僕のバイク遍歴

イージーライダース廃業
こんばんわ。
偽装童帝真君です。
2/10に唐突にサイトのアクセスが伸びました。
アクセスの集まったページは、昨年7月に書いたイージ―ライダース廃業の記事だ。
なんや、2ちゃんねるにでも貼られたんか?
とインターネット老人のような事を考えながら調べてみると・・・。

イージーライダース廃業
イージーライダースが破産手続きに入ったというニュースがYahooに載ったからのようでした。
このニュースを見た人がイージーライダースを検索しても、本家サイトは既にドメインごと消えており、
Google検索して一番上に出てくるのはウチのクソBLOGだった、という事です。
すまんなみんな。

一つの時代が終わった・・・って感じですね・・・。

ソフテイル
と言う事で時代の節目として、
自分が乗ってきたバイクを「楽しかった順」に振り返ってみようと思います。
(こじつけ)

オフシーズン&社会情勢により更新ネタが無いから過去をほじくり返す事しかやる事が無いんだよ。
それではスタート。


マジェスティ125
11位/台湾ヤマハ マジェスティ125(01年式)
2001~2003年まで所有。
>>まとめ記事

まず最下位が11位、つまりこれまで所有したバイクが11台というのに驚きだ。
メインバイクはともかく、セカンドバイクの入れ替わりが多かったのです。
マジェは猫好きにとっては2台目のバイク。
初めてのバイクに400シングルを選んだものの、早々に「400ccも要らないんじゃね?」という結論に行き着く。
当時はビッグスクーターブームという事もあり、ルーズにバイクに乗ってみたかったという事で購入。
楽で気分よく走れたが、所詮はスクーター。それほど楽しいバイクでは無かった。

当時就職氷河期真っただ中、このバイクで名古屋中のソフトウエアハウスへ面接に行ったのが良くも悪くも記憶に残っている思い出です。
マジェスティの機動力とトランク収納力が無かったら就職浪人していたかもしれない。



10位/Nice! Motorcycle製 族族チョイノリ
2004~2005年まで所有。
>>まとめ記事

当時有名だったナイスモーターサイクルが悪ふざけで作ったチョイノリ。
ナイスのBLOGで見てカッケェ!!!と思った数年後にヤフオクに流れているのを発見し購入。
通勤に使おうと思ったが、最高時速が30キロに達しないという非力さと猛烈な振動により早々に手放した。
ネタとしては最上位クラスのバイク。



9位/プレスカブ50改タケガワ88cc (08年式)
2020年~所有中。
>>まとめ記事

昨年から導入した通勤バイク。
自分自身、カブに魅力はあまり感じていなかったが、周りでカブに乗ってキャッキャしてる人が多くなってきたので、なんとなく気になって乗って見る事にした。
ハーレーと同じでカブにも独特のコミュニティがあるので、そこも楽しみの一つ。
非力ではあるが何とか大通りの車の流れには乗れるレベルなので、これからも乗り続けようと思っています。
耐久性が高く、消耗品が安いというのも大きな魅力ですね。
あと前カゴ便利過ぎてバイクの概念が覆った。


SRX400
8位/ヤマハSRX400(90年式)
1999年~2001年まで所有。
>>まとめ記事

猫好きが18歳の頃に買った初めてのバイク。
当時はマルチとかシングルとかの区別もつかないほどバイクに無知で、予算とデザインを基準に選んだ。
やはり最初に所有したバイクがビッグシングルという事もあるのか、いまだに4気筒のような滑らかなエンジンは好きになれず、シングルやツインに乗り続けている。
猫好きのバイクの好みに大きな方向性を決定づけたバイクだと思います。



7位/イーハトーブ125
2011年~2020年まで所有。

通勤マシンとしては一番長く乗った車両です。
オフロード走ってみたいという理由もありましたが、結局本格的にオフロードを走ることなく手放してしまいました。
キックが重く、冬場の始動がなかなか大変でしたが、乗りやすくて楽なバイクでした。
7、80年代に作られた、旧車と呼んでもいいくらいのバイクでしたが、毎日そこそこ調子よく頑張ってくれました。



6位/GB250クラブマン通勤Specialカフェレーサー
2007~2012年まで所有。
>>まとめ記事

モヒさんに組んで貰った通勤マシン。
通勤マシンといいつつ鬼セパハンでなかなか独特なライディングポジションのバイク。
だがそれが楽しい。
DOHC250ccシングルというホンダの変態エンジンもなかなか速く、乗ってて楽しいバイクでした。
自分の希望通りに作って貰ったバイクなので愛着は高かった。



5位/FLTRUロードグライドウルトラ(12年式)
2019年~所有中。
>>まとめ記事

意外と順位が低い現在の猫好きの旗艦、ロードグライドです。
楽に快適に走る事を目的に選んだバイクという事もあり、「楽しかった順」で言うとこの順位かな、と。
快適ではありますが、ツインカムはエボリューションのような味わいは無いですね。
エキパイ変えたりエンジン触ったりすればまた面白さも増してくるかもしれませんが・・・。


リトルUSミーティング
4位/ヤマハGX250-SP
2015年~所有中。
>>まとめ記事

セカンドバイクにSR欲しいなと思っていた時にヤフオクで衝動買いして2%でB級チョッパーに仕上げて貰ったバイク。
乗り辛く、調子もイマイチですが、刺激的な乗り味のバイクで乗ってて楽しい。
ドコドコ感ありますが、180度パラツインエンジンはまぁまぁ元気よく回ります。
今はセカンドバイクにエボスポかアイアンが欲しいな、とか思ってるのですが。その妄言が実現するまではこれがセカンドバイクとして活躍しそうです。


ハーレー スポーツスター883
3位/XLH883スポーツスター(02年式)
2002~2008年まで所有。
>まとめ記事

当サイトの黄金期を支えた看板バイク。
BLOGもSNSも浸透していなかった当時、Webサイト運営をしながらカスタムハーレー乗っている人が少なかったため、ネットやってるスポーツスターやハーレー界隈では地味に知名度がありました。
ツーリングから街乗りまでそつなくこなすオールラウンダー。
特に1200にボアアップしたら街乗り最強マシンになりましたね。
正直、今買い戻したいと思ってるくらい良いバイクでした。
新車をよくもまぁこんなボロボロな雰囲気にしたもんだ・・・。



2位/AOZORA制作デビルマンビラーゴ
2005~2006年まで所有。
>>まとめ記事

おおっとここでダークホースの登場だ!!!
通勤バイクを探している所に突如舞い込んだ格安フルカスタムバイクの話に思わず釣られて購入。
暫くスーツ着てこんなバイクで通勤していましたが、軽量なリジッドフレームバイクはまぁまぁ命の危険を感じる事が多く、一年少々で手放してしまった。
膝とグリップが同じ高さに来るグースネック&セパハンの強烈なライディングポジションに、直管サウンドの程よい爆音と、強烈なビジュアルで、
同時期に所有していたスポーツスターより乗っていて楽しいバイクだったのです。超乗り辛かったけど。
写真が少ないのが悔やまれる。



1位/FLSTCヘリテイジソフテイルクラシック(96年式)
2008~2020年まで所有。
>>まとめ記事

まぁ、12年も乗り続けていたバイクですから当然の一位ですね。
特にハンドシフトにしてから乗るのが楽しくなりました。
1340ccの巨大なエンジンをキックで始動させるというのもロマンがあってよかった。
滑らかで味わいのあるエボリューションエンジンが自分には合っていましたね。ショベルは荒々しすぎた。
ずっと乗り続ける! とか言ってたけど、走行距離が10万キロに近づいた時、
100万近く掛けてオーバーホールしてでも乗り続けたいか?と考えたら、そこまでするのなら乗り換えたいという気持ちになってしまい手放してしまいました・・・。
いまどこにあるのかな?


以上、猫好きの愛車遍歴でした。
色々と懐かしいな・・・。古いバイクは写真が残ってなくて残念です。

気付けば人生の半分以上をバイクと過ごしていました。
まだまだこの愛車遍歴に面白いバイクが加わっていくと思いますが、手放したバイクたちの事も忘れずにいたいですね。
以上、今週のネタなし無理更新でした。

PS:みんなの愛車遍歴も見たいなー

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。