続・サイトリニューアル

こんにちは。
猫好きです。
台風21号が縦断中ですがみなさま如何お過ごしでしょうか。
俺は出勤禁止命令を無視し出社し、お客への連絡や対応をしたのち、嵐になる前に帰宅しました。

名古屋市北区はすごい嵐ですが子供達は屋根付きで無事です。ビートルも屋根付き。

猫好きさん(@chainmasquerade)がシェアした投稿 –


↑ 今の名古屋の状況。
結局帰宅してからもベトコン部隊や東京の客とやり取りをしてますが基本的に暇なので、
今年のGWあたりにリニューアルした時のネタ記事がBLOG管理画面に下書きとして保存しっぱなしだったのでちょっと手直しして供養でもするか。


今更ですがサイトのメインカラー、
こちらは猫好きの乗るソフテイルやGXチョッパーのタンクの色とお揃いにしました。
本当はこのドブネズミ色とアイボリーで色を組みたかったのですが、
アイボリーがどうにもしっくり来ず、ホワイトを使ってます。
うーん、もう少し彩度の高い青とアイボリーならいい雰囲気なんだけど、
タンクの色から少し離れてしまうしな・・・。
っつーか拘る必要無いか。そんな所。自己満足が行き過ぎている感ある。


今回のリニューアルと同時に、サイトのSSL化をしました。
サイトのURLをhttpではなく、httpsの暗号化プロトコルで参照する事ですね。
BLOGなどをSSL化する必要など無いと思うのですが、
Chromeではもうそろそろhttpで表示されているサイトは一律で
「このページは保護されていません」という警告文が出るようになるそうです。

参考:いよいよGoogleが本気。Chrome 68から全HTTPサイトに警告!

また、GoogleのSEO評価的にも、SSL化されているサイトは有利になると言われており、
BLOGをSSL化したら目に見えて検索順位が上がった、という情報も頂きました。

WordPressなのでプラグイン使えば簡単にSSL化できるのですが、
プラグイン任せは長い目で見るとどうしても不安が付きまといます。
可能であれば自力でSSL対応したい。
過去の投稿記事の画像パスがすべてhttpから始まるフルパスで書かれているのが修正するうえで面倒くさい。
投稿記事のHTMLを一括置換すれば良いだけだが、Wordpressの投稿記事はDBに格納されている。
DBあまり詳しくないのに、DBをエクスポートし、srcがhttpから始まる時ドメインのimgタグに対して一括置換を掛けた後、DBをインポートするとか怖すぎる。

何か方法は無いものか・・・と思って調べてたら、
Wordpressのテーマfunction.phpでフックを掛けて、
投稿記事本文内の自ドメイン参照画像を全てhttpsに置換して書き出してくれる方法を見つけた。

素晴らしい。これならリスクも無いし、サーバ側でちゃんとHTMLを修正してくれるので、JSで置換するとかの方法よりは美しい。
ページ生成時にスクリプトが走るため表示速度には悪影響を与えそうだけど・・・


結果、サイトの構成要素をシンプルにしたという事もあり、SSL化対応は小一時間で完了しました。
SSL化は危険すぎるのて辞めておこうと思っていたのですが、Webデザイナー仲間に背中を一押しするツイートリプライを貰い、もう少し踏み込んで調べてみたら思いのほか簡単に対応出来た。
ありがとうございました。

httpsになったことにより、アナリティクス・アドセンス・サーチコンソール・APIの設定を全て修正し、SSL化完了。
さてさて、これでどれだけの恩恵があるのかな??


リニューアル後暫くしてサーチコンソールを見ていたら、
構造化データで500件ものエラーが発生していた。
なんぞこれと思い調べてみたら「authorがありません」って言われた。
BLOG記事にGoogleが定めた著者情報の記述が無いという事らしい。
hentryで書いてるならちゃんと情報揃えろ!という事か。

参考
Search Console(サーチコンソール)の構造化データエラー「entry-title,updated,authorがありません」の対応方法まとめ

というか、元々このWordpressのテンプレートにauthorは規格通りに記述されていたのですが、
「このサイトの著者は俺しか居ないんだからこんな表示要らんわ!」
と思い、俺がテンプレートから削除したものでした。
それがエラーを起こしていたんですね。勉強不足でした。


テンプレートを元に戻し、Googleのクロールが進むにつれた徐々にエラーは減り、今は0に。
これによって検索順位への変動は特にないような気がするが、まぁ、おまじない程度の効果はあるだろ。


さてとこれで低迷の続く我がサイトのアクセスは数上がるか!?
と思い見守っていたら7/26を境にサイトのアクセスが一気に上がったぜ!!!
っと思ったらバイブスミーティング2018の記事だけが極端にアクセス稼いでるだけで
他のページは何も変わんねぇわ!!
※因みにこちらのアクセス解析はGoogleアナリティクスの数値をWordpressの管理画面に引っ張ってきて表示させている物です。

まぁまぁ、この辺りの対策をしたから、バイブズミーティングの記事が検索上位にインデックスされたのかもしれないし、全く無意味だは無いと思いたいと所だが・・・真相はGoogleに聞かないと分らんな。

因みに今、「バイブズミーティング」で検索すると、本家サイトよりウチのサイトが上位に出てしまう
すまんなVIBES。
公式サイト、造りがもう時代遅れだからリニューアルした方が良いよ・・・

さて、次回こそはトヨモーター展の話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。