浜松 ぬくもりの森 ツーリング

ぬくもりの森ツーリング
インスタのフォロワーさん情報で得た情報なのですが、
静岡県・浜松市ににある「ぬくもりの森」という所がとてもイイ感じなのです。
そう遠くないし、ヒマなのでソフテイルを走らせて見に行ってきました。

つくで道の駅
名古屋から国道153号~301号を走る。
今日は台風によるエロニョーロ現象とか何とかのせいで9月になったというのに34度という猛暑日一歩手前Day。
でも作手の道の駅(標高500m)は程よい気候で走っていて気持ちが良かった。
前回来た時は凍死しかけてたがな。

ぬくもりの森ツーリング
作手道の駅を新城方面へ走る。
奥三河の山を抜けて、下界が見え始めた。
新城を抜けて、三ケ日に入れば静岡県だ。

さわやかツーリング
静岡といえばさわやかハンバーグ!!!
最近ツイッターのフォロワー共がさわやかテロを頻繁にかましてくるんですよ。
半年ぶりに食いたくなってきました。

さわやかツーリング
62分待ちイィィィッ!!!!
相変わらず頭おかしい。
だが大人しく待つつもりはない。
さわやか から「ぬくもりの森」は15分程の距離なので、そっちを見て帰って来る頃には順番が回ってくるという算段だ。
直前で思いついた案としては悪くない。
しかし60分か。間に合うかな。90分待ちくらいだろうと思ってたんだけど・・・。
まぁいいや行ってきます。

ぬくもりの森ツーリング
来たよ。
濃い看板だな。駐車場は無料。
ただしぬくもりの森に入るのに300円の入場料が掛かる。

ぬくもりの森ツーリング
メルヘンの鱗片が生えている。

ぬくもりの森ツーリング
駐車場から誘導に従い、5分ほど田舎な感じの道を進むと・・・。

ぬくもりの森ツーリング
急に中世ヨーロッパか絵本みたいな趣の建物が現れます。

ぬくもりの森ツーリング
お店の看板が。ギャラリーなど、別途入場料の掛かる施設もあるみたい。

ぬくもりの森ツーリング
とても良い雰囲気・・・。
でも道路がコンクリートという点が惜しいな。
石畳にしたい所だけど、この道は公道だろうからムリか。
ここまでやったら電線も地中化しようぜ!!

ぬくもりの森ツーリング
本当はバイクでここまで来て写真撮りたかったけど、予想通り車両進入禁止。
というか、バイクのカタログ写真の背景とかにも使われてるんだね。
写真撮るにはロケーション使用料金払うしか無いのか・・・。
いや、お店の始まる前の早朝なら大丈夫か・・・!?

ぬくもりの森ツーリング
中世ヨーロッパ・・・というより童話や絵本の世界ですね。

ぬくもりの森ツーリング
建物は無論ですが、緑や水の使い方がとても自然で、綺麗。

ぬくもりの森ツーリング
マニアック過ぎるなここを作った奴は・・・。

ぬくもりの森ツーリング
アベック(死語)どもばかりなのが唯一気に入らない場所でした。

ぬくもりの森ツーリング
可愛い革細工やアクセサリーが売られています。
建物がアレ過ぎるので、お店なのかアート作品なのか分からず入って良いのか躊躇する。

ぬくもりの森ツーリング
こちらはオープンカフェですね。
お客さんには外人さんもいました。

ぬくもりの森ツーリング
サーティーワンアイスクリームかな?

ぬくもりの森ツーリング
こちらはふくろうをモフモフできるお店らしい。
一番行きたい店でしたが、野郎一人でフクロウをモフモフしに来ました!!
みたいや奴が来たら店員もフクロウも「マジかこいつ」と怯えるだろうから自重しました。
おっぱいをモミモミできる店で我慢するか・・・。

ぬくもりの森ツーリング
メイン通りを100mも歩けば日本の普通の田舎道に戻る。
ぬくもりの森の敷地は結構狭いです。

ぬくもりの森ツーリング
有料のギャラリーやお店には入りませんでしたが、それ以外の散策だけなら30分もあれば十分かな。
狭いエリアですが、とても完成度の高い空間です。
ココの為に何時間も掛けてバイク走らせて・・となると微妙ですが、
浜名湖に来たのならココも一緒に!!
と言える位にはオススメ。

さわやかツーリング
ぬくもりの森を後にし、さわやかに戻る。
少し待っただけでげんこつハンバーグにありつけました。
しかも今日はフェア期間中だった。
混雑する店の中、4人掛けテーブルを一人で占拠して食うさわやかハンバーグは美味しかったです。

大歳神社 バイク神社
さて、この後は浜松市内にあるバイク神社と呼ばれる大歳神社へ行ってきました。
そのネタはまた次回で。

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。