長崎初上陸からの雲仙普賢岳へ

天草フェリー

九州ツーリング二日目。(初日のフェリー移動も含めたら3日目)
今日も天気はそこそこ。
宿の前に流れるのは川ではなく、
天草上島と下島の間を横切る海。
いや、どう見ても川だよね。

今日は熊本・天草から長崎・雲仙へ向かいます。
とはいえ、陸路で行くとメチャメチャ迂回しないといけないので、フェリーでショートカットします。

>>前回の記事「天草・倉岳神社ツーリング と サプライズ花火大会」

天草フェリー
2021年9月25日 AM6:45
宿から30分ほど走り、鬼池港に到着。
まだ受付窓口空いてなかったわ。


フェリー乗り場の周りには釣り人がちらほら。


バテレンのコスプレイヤー像があるな。

天草フェリー
フェリーは予約ができず、先着順での乗船というルール。
最悪、朝一のフェリーに乗れないという可能性もあったので、まぁまぁ早めに来たのですが、
バイクでは一番乗りだったし、結局数台しかバイク来なかった。

天草フェリー
小さい船だから揺れないだろうか。
ちっょと心配。

天草フェリー7:30に出航!!
だいぶのんびりしたスピードの船でした。揺れも全くなし。

海面の波が帯状にザブザブしている所があって、そこを通り過ぎる時だけドコドコと船が揺れました。
海流?お魚さんの群れ??

天草フェリー
景色見るの飽きたので船内へ。

天草フェリー
ガラッガラやで。
まぁ、7時半発の便だしな。
聞いた話によると、天草から雲仙に行く人は少ないけど、
逆の便は人がそこそこ居るのだとか。

天草フェリー
30分程の航行で長崎側の口之津港へ到着。
人生初長崎ですよ!!


久しぶりに県制マップを更新しました。
全国制覇はなかなか遠いな・・・。

雲仙普賢岳ツーリング
雲仙天草国立公園を目指し山奥へと入って行きます。
温泉街があったのでちょっと散策したけど、ほぼ暫く走りっぱなし。


いおうくさい。


ドラゴンロードと呼ばれるつづら折りの峠道にある「橘湾が見える展望所」という場所からの展望。
山間から海が見えますね。
はい、ガッカリポイント次行こうか。


新田峠という道を走る。
一方通行の峠道なので精神衛生的に良い。
(でも万一アホが運転する対向車が来たら・・と思うと全車線使う気になれない)

雲仙普賢岳ツーリング
2021年9月25日 AM9:30
仁田峠第二展望所到着。
その先に見えるのは雲仙普賢岳である。

雲仙普賢岳ツーリング
東側の海側の景色もグッド。
人も少ないからのんびりできます。

雲仙普賢岳ツーリング
1991年の噴火から普賢岳はどんどんと大きくなってるよ、という解説図。

雲仙普賢岳ツーリング
1991年の噴火があった頃は猫好きは10歳。
普賢岳と聞くと怖い山というイメージが植え付けられている世代であります。
でも今は大分緑に覆われはじめており、綺麗な山でした。

雲仙普賢岳ツーリング
さて、峠を下り次に行きます。


2021年9月25日 AM10:30
山を下りて海沿いに出る。
諫早湾干拓堤防道路に到着。
なんか、湾を堤防道路で仕切っちゃってる。
右が海側で、左が陸側。
何の意味があるかは知らん。


バックの海は堤防で閉じられた湾。
水茶色いじゃねーか。
うむ、ここもガッカリポイントだったかな。

さて、ここから阿蘇の方に戻りますが、陸路を使うとメッチャ時間掛かります。
よってここからまたフェリーに乗りショートカットを図る。
船は1時間置きくらいに出ているので、適当な便に乗るため多比良港へ向かいます。

つづく!!!

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。