インディアン チャレンジャーの実車見てきた


こんばんわ。
在宅勤務3週目突入・猫好きです。
今のご時世的に家で仕事が出来るというのは幸せな方ではありますが、言い換えてみれば平日は一歩も家から出ずに仕事して寝るだけの生活が続いております。
Web会議も電話での打ち合わせも、どうにもやり辛いなぁ・・・。

オートプラネット名古屋
土日くらいは少し外に出させてくれよという事で、日曜にオートプラネット名古屋まで走ってきました。

インディアン チャレンジャー
インディアンのチャレンジャーが展示されているという話を聞いたので実物を見に来たのだ。
ハーレーで言うロードグライド枠のモデルですね。
ほんとに2、3日前に入ってきたばかりらしい。

インディアン チャレンジャー
あ、チーフと同じツアラー路線なのにエンジンは水冷なんですね。
120馬力あるらしい。
これならチーフと完全に住みわけができているのではないでしょうか。

インディアン チャレンジャー
インディアン全般に言えるのですが、フレームの絞り込みがしっかりされており、シートの幅が抑えられて足つきがとてもい。
チャレンジャーも360kgという重量ですが、この足つきなら安心ですね。
・・・っつーか360kgって地味に軽いな!(猫好きのロードグライドウルトラは425kg)

インディアン チャレンジャー
インナーカウルは思いの外コンパクト。
というか、車体全体が思ったよりコンパクトに纏まっていましたね。
何かメーターがカウルにめり込んでるな。ウインドシールドと同じで電動調整式なのかな??

インディアン チャレンジャー
よく見るとカウルには何か所かベンチレーションが付いてますね。
夏場の風通しも良さそう。

お値段350万から・・・2020年式のロードグライドスペシャルとそう変わらないな??
ハッキリ言ってインディアンの方が装備や機能充実してるから、チャレンジャーも選択肢としては十分アリですね。
インディアンは年々魅力的なブランドになってゆくなぁ。

いやいや、いいもの見せて貰いました。
さてと、今日はこのまま大人しくお家に帰ろう。
時間も半端だし他に行きたい所も無いしな。


お店を後にし、長久手~瀬戸~多治見へ抜けて、土岐川(庄内川の上流)沿いを走って帰る。
オートプラネットの自販機で買ったジュースと煙草で、ごみ処分場の前で休憩。
このご時世、大した買物も無いのにコンビニへ寄るのも憚られるからな。


この処分場への橋、一般車両通れないくせに、この辺りに掛かっている橋の中では一番立派なんだよな・・・。
重量のある車両が通るから頑丈に作ってあるのかな?


そんな感じの週末プチ散歩でした。
さてと、GWまであと5営業日、家に籠って仕事するか。
・・・GWもやる事無いがな。

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。