東京のFLAT4へ行ってきました

FLAT4 東京
仕事で東京行ったついでに、空冷ワーゲンの聖地(?)とも言える東京・目黒のFLAT4を見に行ってきました。
店舗だけでなくミュージアムも見学する事ができたぜ。

FLAT4 空冷ワーゲン
東急東横線の学芸大学駅から地味に歩いて到着。
このあたりの道は入り組んでて分かり辛いな。スマホが無ければたどり着けないよ。

FLAT4 空冷ワーゲン
2003年の最終メキシコビートル。180万かぁ・・・。
奥の70年代のビートルは400万。
・・・なんでそんなに高いん?

FLAT4 空冷ワーゲン
こちらのカルマンギアは500万・・・カルマンギア・・・・だよね??
1Fの展示車両でいきなり金銭感覚の違いを見せつけられる。

FLAT4 空冷ビートル
二階に上がる。
車両が3台程とコンプリートエンジンや細々したグッズやパーツが売られています。
とてもオシャレ。

FLAT4 空冷ビートル
このカルマンも凄いお値段。

FLAT4 空冷ビートル
このビートルType-1は600万近く・・・古いシングルナンバーの価値もあるだろうけど、それにしても凄い金額。
リアウインドがオーバルでもスプリットでもないのに何故・・・。
俺のType-1は車両価格35万だぞ。

FLAT4 空冷ビートル
これは売り物ではない。軍用の車両ですかね。

FLAT4 空冷ワーゲン
マフラーがエンジンの上についてる。
跳ね上げられたスクリューは、下に降ろすとエンジンから出ているシャフトの歯車にガッチリと噛み合うように作られているようでした。
水陸両用車かぁ・・・。

FLAT4 空冷ビートル
これはコンプリートエンジンか。
何機も展示されてますが、やっぱコンパクトなエンジンですね。

FLAT4 空冷ワーゲン
オンラインショップ見るとエンジンの価格にビビる。

FLAT4 空冷ワーゲン
ミッション? クラッチ?
ビートルの構造はよく分からない。

FLAT4 空冷ビートル
ホイールやハンドルなども。
俺のハンドル、塗装に亀裂入って来てるんだよなぁ・・・まぁ、それは味として良い感じなので問題無し。
でもバスのハンドルのシンプルさに惹かれる。

FLAT4 東京
一通り店内を見てフラットフォーを後にしようとすると・・・。
こんな張り紙を発見。
ミュージアム!?そんなものあるの!?
見たいけど事前予約かぁ・・・。

FLAT4 東京
と諦めていたら、
丁度海外からミュージアムの見学に来た人がいて、一緒に見せて貰う事が出来ました。
ラッキー!!

FLAT4 東京
しかし展示車両がマニアック過ぎて何がどれぐらい凄いのかか分からない。

FLAT4 東京
展示車両はFLAT4のWebサイトで紹介されてますね。
車両を見ても何かが分からないし、プレートの説明を読んでも名前を聞いたことが無いというか、そもそも英語が読めない(バカ)

FLAT4 東京
1956年 ROMETSCH BEESKOW CABRIOLET
カルマンギアに似た何か。

FLAT4 東京
1958年 ROMETSCH LAWRENCE COUPE
これなんかフォルクスワーゲンっぽく無いなぁ!!!
と思ってたらVWではなかった。

FLAT4 目黒
ショーケースの中もレアなパーツで沢山!!!
っぽいけど俺にはよく分からない。

FLAT4 目黒
色々なホーンボタン。
これはコレクションしたくなる。

FLAT4 目黒
1943年 TYPE-82e
1946年 TYPE-11 BRETZEL
クロームパーツが無いビートル。
戦争中の車両かな?

展示車両は7台と、そう広いスペースではありませんが、見たことないものばかりで面白かったです。
ただ、もしココに一人で事前予約して見にきていたら、展示物がマニアック過ぎて良さが分からず申し訳ない気分になっていたような気がする。
海外から見学に来てたご一行に便乗出来てラッキーでした。

そんな感じのFLAT4本社見学でした。

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。