トヨタ博物館 [国産車編]

トヨタ博物館
トヨタ博物館訪問記の続き。
後編は国産車コーナーです。
前編の[欧米車編]はこっち

トヨタ博物館
欧米に比べ50年遅れてスタートした日本の自動車産業。
出遅れた分、はじめからちゃんと車のカタチしてますね。
当然ですが、この時代の日本車は外車の雰囲気が強いです。

トヨタ博物館
あらかわいい。
フジキャビン5 A型 (1955年製)

トヨタ博物館
さっきまで下の欧米車コーナーで見てた大統領専用車が。
上から見ると尚の事でけぇ!

トヨタ博物館
かわいいデザインの車が続きます。

トヨタ博物館
これは特にヨーロッパの匂いが強い車だ。
解説を読んだら、案の定ヨーロッパのメーカーと技術提携して作った車だとか。
シトロエンだったかな?

トヨタ博物館
こっちはアメ車の雰囲気だね。
1964年かー。

トヨタ博物館
これもアメ車的?
かわいいけど。

トヨタ博物館
4ツ目は珍しい。

トヨタ博物館
は~しれはしれ~♪ いすずの・・・
自動車だと!?
昔はトラックじゃなくて普通自動車も作ってたのか。
いすゞ117クーペPA90型(1970年製)

トヨタ博物館
フロントグリルに狛犬・・・いや、唐獅子か。
ココだけ極端に和を感じるな・・・。
いすずと何の繋がりがあるんだろ?

トヨタ博物館
トヨタ2000GTMF10型(1968年製)
だんだん近代的なフォルムになってきて・・・

トヨタ博物館
レクサス!!

トヨタ博物館
はい次。
別館に向かいます。
こちらは車と、その時代に合わせた
当時の日本の様々な文化が展示されていました。
猫好きが中学時代に社会見学で来た時には無かった筈。

トヨタ博物館
!!!?
なんだこれ!!! やばい!!!

トヨタ博物館
個人的にはトヨタ博物館の展示物の中で一番かっこいい。
鳥山明が描くマシンみたいだ。

トヨタ博物館
前輪タイヤにエンジンがくっついてます。
随分と割り切った設計だ。

トヨタ博物館
エンジンもキャブもタンクもマフラーもミッションも
動力機関の全てが前輪と一体化してんだもん。
半端ねぇ・・・。

トヨタ博物館
大きなトラック。
ん・・・荷台にでかい釜が・・・。

トヨタ博物館
薪トラックとな。
蒸気機関という事になるのか??
・・・調べたら・・・木炭ガス?
よー分からん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
薪トラックを調べてたら出てきた。
ヒューッ!! こいつはかっこいいぜ!!!

トヨタ博物館
昔の看板が展示されています。

トヨタ博物館
雑誌や・・・

トヨタ博物館
漫画も。
他にも服や音楽雑誌なんかもあったね。
当時の生活や文化を感じる事が出来ます。

トヨタ博物館
ウホッ!!!

トヨタ博物館
おもちゃのパッケージ。
いい表情をしておる。

トヨタ博物館
新聞広告。
広告に関わる者としては当時のセンスが凄い気になる。

トヨタ博物館
一通り回り退館・・・。
しようと思ったら、乗ってもいいクラシックカーの展示が。
これは珍しい。

トヨタ博物館
運転席に謎の容器が・・・。
何かのオイルなんだろうけど。
造詣がいちいちかっこいい。

トヨタ博物館
ハンドルの向うに見える足元の計器類。
いい・・・ロマンがある。
あと、思いの外運転席からの視点が高かったな。


万博公園
さてと撤収・・・。
と思ったが、せっかくなのでスグ近くにある万博公園へと立ち寄る。
2005年の愛・地球博以来ですね。

万博公園
公園内はガラガラ・・・この日は実は平日。
仕事の代休を使って来たのです。

サツキとルイの家
有名な「サツキとメイの家」
トトロに出てくる舞台を忠実に再現したものです。
まぁ、僕トトロちゃんと見た事ないんですけどね。

万博公園
うむ、悪くなかった。
公園は広いので、時間がある時にまた散策に来たいな。

ビートル
今度こそ撤収ッッ!!

ビートル
窓開けるハンドル取れたアッー!!!!

~おわり~

トヨタ博物館 [国産車編]” への3件のフィードバック

  1. 昔の車って個性あって良いですよね(´д`)

    ハンドルなおりましたか(笑)?

  2. ハンドルは木製ノブ側のネジ山が完全に無くなっていたのでボンド留めしてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。