ソフテイル修理記録

こんばんわ。
富士スピードウェイのクールブレイカー、日帰りで行ってきました。
背中バッキバキの猫好きです。


そいえばソフテイル復活してますよ。
ミッションのキック側にあるベアリングの交換&
その他ガタが来ている部品の交換でした。
※写真は8月、おそらくベアリングにトドメを刺したと思われる
 99eagleにてドラッグレースを楽しむ猫好き。まさかこんな事になるなんて。

えらい修理費掛かりました。
金沢からベアリングが砕けたまま230キロ走って来たのが事態を悪化させたのか。
あるいは、ミッションからゴロゴロ音が聞こえ始めた一ヶ月前に店に駆け込んでおけば、
8万4千円なんて修理費にならなかったのかな・・・

ソフテイルのベアリング
と、思いましたが、
砕けたまま250キロ走ろうが一ヶ月前に店に駆け込んでいようが、
ここのベアリングを交換する以上どの道同じだけの手間と修理費が掛かっていたそうです。
それを聞いて少しだけ救われた。(?)
この機にガタの出ていたベアリングも全て変えて貰ったので、暫くは安心。

しかし、ミッションを組み直したせいか、
クラッチペダルが重く、
シフトノブが硬くなってしまった。
シフトの硬さについては、
ミッションのアタリが無くなってしまったからという事のようです。

クラッチペダルの重さは慣れれるレベルとして、
シフトの硬さは結構不愉快なレベル。
もう何百キロか走ればアタリが出てきてシフトが入りやすくなるらしいけど・・・・

スーパーゾイル
そんなの待ってられないのでミッションにスーパーゾイルをブチ込む事にしました。
大昔にVIBESで紹介されてたのを切っ掛けに、スポーツスターのエンジンに入れたところ、
油温が劇的に下がり、フィーリングもマイルドになるという
体感できるレベルの効果がありました。
オイルに混ぜて使うと、エンジンやミッション内の金属表面が滑らかになって
摩擦が減るというオイル添加剤(?)らしいです。

注入して富士スピードウェイまで往復しましたが、
大分シフトのタッチはマシになりました。ニュートラルの入りは特に良くなった。
が、まだ少し渋い。もう暫く様子見。


ガラスリフレクター
いつの間にかナンバープレートのガラスリフレクターが折れて脱落してた。
(1年ぶり2回目)
1年前に1個目が脱落したときに
2個セットのリフレクターを購入したまま放置していたので
この機に取り付ける

ガラスリフレクター
こうやって、ネジとリフレクターが千切れて脱落するんですよね・・・。
ネジも細くて短く、振動の激しいバイクのナンバーを固定するのには頼りない。

・・・と思ったが、
俺のナンバープレートはガラスリフレクターのネジで固定されていませんでした。
忘れていたが、随分前にナンバーステーとナンバーを強力両面テープでくっつけたんだった。
・・・じゃあ負荷のかかってないリフレクターのネジは何で折れたんだよ・・・
貧弱すぎるだろう・・・・。

リフレクターも両面テープで貼り付けようかな。


COOL_BREAKER
そんな感じ。
次回はツーリングレポートとして、
クールブレイカー&富士近辺観光をお送りします。

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。