旧サイトの思い出 2005年


インターネット老人の思い出話2005年版です。
2004年までは画像が少なかったのですが、この年からはそこそこ画像を使って記事を書いてますので、1年で1記事を書いていきますね。

えっ、この調子で2019年までやるの!?
・・・それはわからん。飽きたらやめる。


これはMCで正月休みに舘山寺へ走りに行った時ですね。
縁結びの神様の前で、クソのような下ネタトークをしながら境内で1時間くらい話し込んでいた記憶があります。
猫好きに彼女がいないのは、この時のバチが当たっているのではないかと思われます。
現在も彼女募集中。あと猫好きはロリコンです。


これはNice!モーターサイクル製の族々チョイノリ
ナイスのブログで紹介されてて超カッケーと思ってたらヤフオクで出品されていたので購入。
フルスロットルでもチャリに抜かされる鈍足。
軽量かつリジッドフレームなので跳ねる跳ねる。
1年無しで手放してしまい、スマッシュヘッドのギネスビール飲み比べ大会の優勝者賞品となり外人に貰われていきました。


2005年の春から夏あたりの3か月、仕事で東京の五反田に住んでおりました。
現地でチャリを買い東京中を走り回る。
写真はとらの穴秋葉原店。


当時の秋葉原の歩行者天国はパフォーマンスなども規制されることなく奔放に行われていた。


良い時代の秋葉原を見る事ができました。


出張期間中にコミケも見る事ができました!!


五反田のマンスリーマンションから渋谷方面の眺め。
この時の生活は俺の視野をとても広げてくれたと思います。
また東京住みたい。(1週間くらいでいいや)


三重の白石鉱山跡。
この年より廃墟探索に目覚める。
因みに過去サイトの画像で、画像の周りに黒いグラデの縁取りが付いている画像が幾つかありますが、こちらは旧サイトの黒い背景に写真をフワッと馴染ませるためのアクセントの名残になります。
気にしないで。


スカパーさんとタンロン君を白石鉱山に案内しようとしたら雪に降られた時の写真。
俺のスポーツスターにはシールドが付いていたのでそこそこ走れたが、俺の後ろに続く二人はシャーベット状になっていた。悪いことをした。


これは某廃墟でイタズラをしていた時の写真。
あまり褒められた行動では無いのでノーコメント。
時効という事で許して欲しい。
アホだったなぁ。


全く記憶にない絵が出てきた。
スポーツスターをこんな風にカスタムしたかったらしい。
・・・かっこわる。


これはブリージーが関ヶ原でやっていた時の写真ですね。
前年までびわ湖のマイアミランドでやっていたのですが、参加者が施設内の小屋を解体して薪にしてしまったそうで、びわ湖から追い出されたのです。クソワロタ


関ヶ原の会場は屋外スケートリンク跡地なので4月でもテントに霜が降りるような冷え込み。
それを知らずテント無しで野宿してしまい、凍死しかけた思い出の地です。


初めてフェリーに乗って九州へ来た年。
今年のGWこそは九州行こうと思ってたのになぁ・・・。


キャンプもこの年から始めた。


MCメンバー達と・・・内海かな??
りょーさんのロングチョッパーがまだFLだった頃・・・。


あ、これHOT-RUNだわ。
かつてヘッドカンパニーが企画してたイベントですね。
高速のSAに100台以上バイク集めてみんなで目的地までツーリングするイベント。
いつの間にか自然消滅してしまいました・・・何処かから怒られたのかな?


VIBESミーティングデビューもこの年でした。
2005年は香川。瀬戸大橋の麓でした。
明石大橋を渡り徳島に入って、「さぁもう少しだ!」と思ったけど会場はまだ名古屋から大阪くらいまでの距離があって絶望した思い出。
四国でかいっすね。
暗闇の中でテントを張ったよ。


クールブレイカーを見た後、秋葉原へ突撃する
この年はバイカーっぽい事を沢山しましたね。
(アキバではなくクールブレイカーの事な)


この頃の猫好きのスポーツスターは、スポーツスター乗りの間ではちょっとした有名人でございました。
「スポーツスター カスタム」で検索するとバイクの紹介ページが一位に表示されていたので。

あと、初心者応援ページが「バイク 初心者」で検索すると、YahooかGoogleかで検索トップに来る時代がありまして、この頃バイクの免許取ろうとしてインターネット見れる人は、みんな俺のサイト見た事ある、という状態になっていた。
過去の栄光ですね。


この頃はデジ絵の勉強に熱心でした。
フォトショやペインターのイラストガイドブックを買いまくってた。
趣味でデジ絵でフォトショップを学び、バイクサイトでHTMLを学んだ結果、趣味が高じて2007年にプログラマからWebデザイナーへと転身するのであった。


これは新卒で入ったソフトウエアハウスで15周年記念で会社が作ったクソのような社長の本。
立派な背表紙が付いた、そこそこのページ数のゴミを自費出版して社員に配るなら500円でもいいからお手当払えよと憤りを覚えた。

翌年、大阪の本社がロイター通信に載るような巨額の粉飾決済をかまし、猫好きはその翌月に退職するのであった。

怒涛の2006年に続くゥ!!!

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。