香港旅行04 香港島の夜景

深セン テンセント
研修先の深センを後にし、再度香港に入国。
そして夕方ホテル入り。
今日のイベントは以上だけど、香港の夜景を見に街へ繰り出します。
前回のお話 香港旅行03 深セン企業見学

よく知らないけど、香港島の高層ビル群をライトアップするイベントがあるらしい。
その周辺で二階建てバスで街を周る事も出来るとか。
とりあえず行くという人についてく事に。

香港 夜景
港ついた。
対岸に見えるのが香港島ですね。
でもまだ夜景は本気出してない。
日が沈む前にメシだ。

香港 夜景
今日も中華。
ちょっと飽きてきた。
この店は日本語メニューがあってとても助かったが、
北京ダークとか、ちょっと翻訳が怪しいところがあったが。

香港 夜景
夜景が本気出してきたので店を出る。
いつの間にか海沿いには大勢の観光客が。
撮影ベストポジションはもう全て取られている。

香港 夜景
少し曇り気味・・・というか湿度が高いのかな。
夜景が少し霞んで見えますが、これはこれで雰囲気あってイイ。
FF7を連想した。

香港 夜景
香港島の左手はやたらと暗い。
因みに猫好きのデジカメは安物だから夜景の撮影は大分ノイズが目立つ。

香港 夜景
時間になると音楽に合わせてビルからレーザーが夜空を照らす。

香港 夜景
正直レーザーの数もイマイチでバラバラしてる感が否めない。

香港 夜景
まぁまぁ、これはこれで見応えあるけど。

香港 夜景
香港の100万ドルの夜景という言葉は、正確にはこのビル群の向こうにある山の上から見た景色になるらしい。
まぁ、ここの夜景は100香港ドルくらいの価値ですかね。
(この日のレート 1香港ドル 14円)

百万ドルの夜景写りが悪いな。ガスってたし。

猫好きさん(@chainmasquerade)がシェアした投稿 –


盛り上がりに欠ける動画も貼っておきますね。

香港旅行
終了・・・。
一気に人が撤収に掛かります。
我々も移動です。

東洋一のホテル
名前忘れたけど、東洋一のホテルと呼ばれる高級ホテル。
写真は見た事あったけど香港のホテルだったのか。

香港 そごう
香港ではそごうが生き残っている。

香港 オープントップバス
次はオープントップパスに乗る。
はとバスみたいなものです。
料金は260HKSと少しお高め。

香港・深セン旅行
しかしコレが凄い良かった!!

香港 オープントップバス
高い視点に、吹き抜ける初夏の風。
煌びやかなネオン街と対岸にそびえる150香港ドルの夜景。

香港 オープントップバス
この辺りを歩いているときに、
「あぁ、レンタルバイクでも借りて走り回りたいなぁ」
と思っていましたが、その願いがそれ以上の形で叶ったような気分でした。
メチャクチャ気持ちいい。

香港 オープントップバス
コースの中にバイパスの坂道を下り、そのままトンネルに入っていくという所があるのですが、
運転手さんは完全にそこで加速してスピード違反状態でトンネルを潜ってくれます。
二階建てバスの天井がない座席なので、トンネルの天井がなかなか近くでジェットコースターのような気分。
粋な事をしてくれる。事故ったり席を立ったお調子者の客をブッ飛ばさない程度に続けて欲しい。

香港 オープントップバス
海岸が離れると、いかにも香港という雑居ビル立ち並ぶネオン街を行く。
この辺りには夜遅くまでやってる観光客をボッタくる店が乱立しており、
そこのど真ん中でバスを下ろされます。
バス会社と露店街が結託している。


こっちも動画貼っておく。
海沿いでバイパスをカッ飛ばしている時の動画も撮っておけば良かったな。

香港 オープントップバス
他の人はそのまま露店街でショッピングと酒を飲みに行きましたが、
猫好きはあまり興味ないし翌日に備えて早く寝たかったので離脱。

香港 オープントップバス
香港での初単独行動でしたが無事電車にも乗れてホテルにも帰れました。
GooglaMap様が無ければ多分帰れなかった。
ほんと中国のファイヤーウォール回避できる香港SIMにしておいて良かった。

さてさて翌日は1日自由行動の日。
猫好きは誰ともつるまず1人で香港でを満喫するぜ。

>次へ「香港旅行05 アニメイト香港店と信和中心」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。