カブのベース車両が見つかりました

こんばんわ。
今日は凄い雨でしたが、雨なんかよりも俺の性欲の方が凄いです。
猫好きです。

さてさて。
猫好きは今、クロスファクトリーのクロさんにお願いしてカブを一台仕上げて貰う事になっています。


お願いして数週間、やっと希望に沿うベース車両が発掘されました。
なんか今は中古市場でカブが少なくなってるらしい。

プレスカブ50
海外生産になる前の国内産インジェクション仕様の鉄カブ。
足として使うなら、もっと高年式の車両でも良かったけど、そうなるとフォークがテレスコになってしまうのです。
カブはやっぱ、このボトムリンクサスが「カブらしさ」だと思いますので、これに拘った。
止まる瞬間にピョコ!!ってなる挙動は好きになれませんがね。

プレスカブ50
スーパーカブではなく、プレスカブ。
フロントキャリアを取り付けるためにヘッドライトがフロントフェンダーに付いています。


カゴが付くとこうなる。
>>仕様はコッチ。


新聞紙山積みして走るためのプロ仕様カブですね。
サイドスタンドがゴツかったり、ギアがTOPからニュートラルに入るロータリー式になっていたりと、Go&Stopをし易い作りになっている。


排気量は50cc。
これをタケガワのハイパーSステージボアアップキットで88ccにします。
最初は90で探していたが、50の方が部品が出易いという事で、50を90にする形で作って貰う事に。


因みにスカパーさんのキュアピース号も、インジェクションのプレスカブ50・タケガワ改88cc仕様。
スカパーさんのカブと全く同じ仕様となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

猫好き(@chainmasquerade)がシェアした投稿


この車両はもう5万キロも走ってました。
が、ちょっとキックアームを踏み下ろすだけで簡単にエンジンが掛かるほど始動性が良い。
アイドリングも回転の上昇も滑らか。
この動画はちょっと力入った蹴り方してるけど、最初にキックを掛けた時は、キックアームを蹴るというよりは、キックアームというボタンを脚で押したというような感覚でエンジン掛かっちまった。

カブ カスタム
バーハン化などのカスタムはせずに、ノーマルスタイルで乗るつもりだったので、フロントキャリアを外そうかとも思ったが、この飛び出したヘッドライトも個性かと思い始め、このままプレスカブ仕様で行く事に。
ウインカーはハンドルに戻す予定。

カブ カスタム
デケーキャリア…
ハッキリ言って要らないので、小さいキャリアに変える予定。


でも、このリアキャリアとフロントのカゴがあれば、ソフテイル以上の荷物が積めるな。
近場のキャンプイベントなら、ロードグライドで行くよりはカブで行った方が楽かも。
キャンプ場の未舗装路をロードグライドで走るの怖えーし。

カブ カスタム
あと外装が綺麗…
正直、オールペイントしようと思っていたが、そうするのが勿体ないくらい綺麗。
クラシカルなチェリーブラウンにペイントして、
「偽装童貞号 -Fake cherry-」
と銘打って乗りたかったのですが。
黒乳首号でも良いな。
悩みます。

カブ カスタム
猫好きと同じくクロさんの所にやって来た猟師さんも交え、ダラダラバイク談義して撤収しました。
(大分長い時間営業妨害したな)

クロさんにはBlogのネタになるようにカスタム過程の写真を送って貰うように頼んであるので、暫くは更新ネタに困らないぜ!
(自己承認欲からくる病気)

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。