ビートル 2年点検&整備

バスデス
こんばんわ。
恋愛ハードモードの猫好きです。
今日はビートルType-1ネタ。
先日ノーメンテで車検を通したビートルを、空冷ワーゲン専門店にて2年点検をお願いしています。

空冷ビートルブレーキ点検
リフトで持ち上げられた猫ビー。
このまま空を飛べそうなシルエットでかっこいい。

空冷ビートル点検
・・・・なんかすいません。
オイル漏れやばいっすよね。
駐車場でも段ボール敷いて、減ったらハーレーのオイル注ぎ足すという対応をしていましたが、もう駄目かもしれんね。
最初はエンジン降ろさないと治らないかも、という話でしたが、エンジン降ろさなくてもある程度はオイル漏れを抑えられそうらしい。

空冷ビートルブレーキ点検
具体的に何処を直すのかは分らん。
ビートルのエンジンの構造良く分からんし、何をするのがどれくらい大変なのかも分らん!!

空冷ビートルブレーキ点検
こっちはリアのドラムブレーキ。

空冷ビートルブレーキ点検
オイリぃな。
ブレーキの効きに違和感があったので、点検依頼する時にも一言伝えていたが、やはり異常アリだったようです。
オイルシールの抜けと、ブレーキの動作不良?みたい。

空冷ビートルブレーキ点検
こっちはフロント。
猫好きのビートルのフロントブレーキは何故かディスクブレーキになっております。
こっちは異常なしかな。
このビートルが赤色だった頃の名残が見えてるな。

空冷ビートル点検
バッテリーを置いているフロアパネルに少し穴が開いている。
前々から気になってたけど、治すとなるとこの穴の周り切り取って、綺麗なフロアパネルに入れ替える事になるらしい。
・・・単純に穴をモリモリ溶接するだけでいいじゃんと思ったが、そういうものでもないらしい。
またそこから錆るとか。

2年の間でそんなに距離を走っていない筈ですが、何だかんだとガタが出て来てましたね・・・。
車検代と点検整備代で、まぁまぁ普通に車を整備して車検通す位の金額にはなってしまうかな。
認定工場の安い車検と、専門店のしっかりした整備のいいトコ取りをしているので、手間と時間はかかっているがまぁヨシとする。

秋、冬は割と大活躍なので、安心して乗れるようになって帰って来るのをお待ちしております。



余談。
愛車のメンテネタにこんな余談を書くのもアレだけど、
今日、ビートル以外に欲しいと思える車を見つけてしまった。
そりゃあロールスロイスとかマイバッハも欲しいですが、
現実的に買える範囲の車で欲しいと思える車を見つけたのだ。
猫好きにとっては空冷ビートル、FIAT500に続き、買える範囲で欲しくなった車はこれで3台目。
車そのものにあまり関心が無いので、欲しくなる車は本当に少ない。


シトロエンにはゼニスウインドと呼ばれる、フロントガラスが頭上まで届いているモデルがあるそうですね。
今日たまたま実車をみたのですが、素晴らしい解放感。
バイク乗ってる気分に近い!!!


そりゃオープンカーの方が解放感あるでしょうが、オープンカー乗るならバイク乗るわ!!
でもこれなら車としての機能を保ちつつ、バイクやオープンカーのような解放感も備えている・・・これはいいな・・・。
開放感あり過ぎてカーセックスの時に困る位だが、恋愛ハードモードの猫好きには縁のない話なので問題は無い。

ビートルが土に還ったら、次はコレかロールスロイスが購入候補ですね・・・。

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。