ウインドディフレクター取付け

こんばんわ。
GW如何お過ごしでしょうか?
猫好きはイマイチ大規模連休有効活用できておりませぬ。

 

View this post on Instagram

 

北陸ツーリング1日目。 越前海岸は大好きな道です。

猫好きさん(@chainmasquerade)がシェアした投稿 –

先日、1泊で北陸へ走りに行ったくらいですかね。
ツーレポはまた明日以降にでも。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
さて本題。
以前、オフラインで買った何かのボンネットマスコット。
こいつを取り付けるために、ウインドディフレクターを購入しました。
このステーをアレコレしてボンネットマスコットを取り付けようという試みです。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
まずウインドーディフレクター装着。
色々なビートル屋さんに聞いても「つけてる人を見たことない」「日本人で付けている奴はいない」という評判のパーツです。
66年式までの太いフロントモールを挟み込む形で取り付けております。
因みに猫好きのビートルは76年式ですが、6Vルックにカスタムされていたため、フロントモールが太い奴に交換されていました。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
これを付ける事でフロントガラスに当たる風の流れが変わり、虫の激突死などでガラスが汚れるのを防げるのです。
えぇ、山の中とかならともかく、名古屋市内では絶対に必要のないパーツですね。
・・・異物感を感じるビジュアルだとは思います。
俺はワンポイントとして良い感じだとは思いますが・・・。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
外観よりも、運転席から見えるパーツというのがポイント高いと思うんですよ。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
で、本題。
オフラインで買ってきたボンネットマスコット。

ウインドディフレクター 空冷ビートル
ンンン!!!
背が高いかも・・・!!
もうちょっと取り付け方検討するか?


ハンドル交換
おまけ。
そろそろ長距離を走る機会が増える季節となりましたので、ハンドルを交換です。

ハンドル交換
いつもの風防付き極絞りハンドル。
風防圏内にグリップが収まるほどの絞りハンドルで、直線を走るには最高に楽だが峠道のハイスピード走行や停車時の取り回しが地獄のハンドル。
元々は冬に走るために作った防寒対策ハンドルですが、最近の出番はバイクシーズンど真ん中ばかり。

ハンドル交換
オフラインで買っておいたパプパフ。
GXチョッパー用に買っておきましたが、まだ取り付けていなかった。
前に突き出したドックボーンライザーとハンドル、3つのヘッドライト、ミラー、パフパフ・・・。
どんどん癖の強い顔になってまいりました。

そんな感じのGW。
あと2日暇だ。

>>HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。