原神ブログ

原神
今日は暑いですね。
原神をプレイするiPadが。

はい、今日は夏のバイクの話ではなくゲームの話です。
ネタがありません。

寝っ転がりiPad
自分の原神プレイ環境はiPad mini の第4世代です。
寝っ転がりスタイルでコントローラーでプレイしてます。
この環境最高。

原神画面設定
画質設定はコレです。
ゲームが端末の性能に合わせて自動で選択してくれる設定は「高」のフレームレート30fpsですが、
60fpsでプレイしたい為に、やや設定を落としています。

原神画質設定
因みにiPad mini4 より良いチップを積んでいる筈のiPhone SE2のデフォルト設定は「中」でした。
チップだけでなく、バッテリー容量なども判断材料とされているようですね。

寝っ転がりiPad
原神はフレームレート60fpsでプレイすると、途端に端末が熱くなります。
自分もこの設定だとあっというまにiPadがアチアチになってしまうので、
熱くなる部分に700円で買ったヒートシンクを置き、
そこに卓上サーキュレーターで風を送っています。
これでiPadが熱くなる事はありません。

スマホ冷却
スマホの冷却ファンなども売られてはいますが、準備するのが面倒で使わなくなる気がしたので、この形に落ち着いた。
あと画面の明るさ設定も大きく発熱に影響があるみたいなので50%より低くしています。
また充電しながらのプレイも発熱に繋がるのでライトニングケーブルは刺していません。
バッテリー100%の状態でプレイし始めると、バッテリー無くなるまで2~2.5時間くらいは遊べるので、まぁ丁度良い。
このプレイスタイルだと永遠に遊べてしまうからな。

原神ウエンティ
しかし、これでもゲームで戦闘シーンが続いたりすると、放熱しきれずiPadが熱くなる時も。
ウエンティのダイソンが特に負荷を掛けていると思われる。
(SFX演出が派手、かつフィールド環境によって演出が変化するので処理量が多そう)

100円スマホ冷却ファン
そのため更なる(金のかからない手軽な)熱対策グッズを探していたら、
なんと100均でスマホ冷却ファンが売られている事を知る。
早く教えてよ!!!!
というわけで早速購入し実験。

寝っ転がりiPad
iPadに直接設置。

寝っ転がりiPad
ヒートシンクの上に設置・・・。

どっちもあんま冷えねぇな!!!?
ヒートシンクへちっょと離れた所から卓上サーキュレーターで送る風(弱)の方が冷えるわ!!!

100円ファンは風量少なくても0距離照射なら効果デカいかな!?
と思ったけどそうでもなかった。
残念。
まぁ、100円だし、他に使い道ありそうだし、良しとする。


もうiPadを水冷化するしかないかもしれんね。


iPadとiPhoneのコンセントの違い
あと最近知ったのですが、iPadとiPhoneの充電用コンセントって違うんですね。
いや、見た目が違うのは当然知ってましたが、容量まで違うとは知らなかった!!

充電スピード比較
↑ iPhoneの充電コンセントでiPadを充電したら5時間くらい掛かったのですが・・・・・

充電スピード比較
↑ iPad用のコンセントと純正Lightningケーブルで充電したら2時間で充電できました。
知らんかったわ・・・。


原神
もっと画質が綺麗な環境で原神をプレイしたいですね・・・。
マルちゃんのお顔のテクスチャも、もっと解像度高めでに表示されてほしいよ。

PS版にアカウント移行できるならPS5買うんですけど・・・。
15万とかだしてゲーミングPCを買う気にはなれませんし。
もっと消費電力が低く、処理速度が速いCPUを積んだ iPad mini が出てくれる日を待ってます。

HOMEに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。